Module: Groonga::Encoding

Defined in:
ext/groonga/rb-grn-encoding.c,
ext/groonga/rb-grn-encoding.c

Overview

groongaがサポートしてるエンコーディングが定義されてい るモジュール。

エンコーディングの指定方法は以下の通り。

  • +nil+ := コンテキストと関連付けられているオブジェクトの場合(多 くの場合)はコンテキストのエンコーディングを使用。

    それ以外のオブジェクトの場合(コンテキスト自身など)は groongaのビルド時に指定したエンコーディング ( DEFAULT )を使用 =:

  • +:default+ := groongaのビルド時に指定したエンコーディングを使用。 DEFAULT =:

  • +:none+ := エンコーディングを指定しない。NONE =:

  • +:euc_jp+ := EUC-JPを使用。EUC_JP =:

  • @”euc-jp”@ := +:euc_jp+と同じ。 =:

  • +:utf8+ := UTF-8を使用。UTF8 =:

  • @”utf-8”@ := +:utf8+と同じ。 =:

  • +:sjis+ := Shift_JISを使用。SJIS =:

  • +:shift_jis+ := +:sjis+と同じ。 =:

  • @”shift-jis”@ := +:sjis+と同じ。 =:

  • +:latin1+ := Latin-1を使用。LATIN1 =:

  • +:koi8r+ := KOI8-Rを使用。KOI8R =:

Constant Summary

DEFAULT =

groongaをビルドしたときに指定したエンコーディング。

RB_GRN_ENCODING_DEFAULT
NONE =

文字列をバイト列として扱うエンコーディング。

RB_GRN_ENCODING_NONE
EUC_JP =

EUC-JP

RB_GRN_ENCODING_EUC_JP
SJIS =

ShiftJIS

RB_GRN_ENCODING_SJIS
UTF8 =

UTF-8

RB_GRN_ENCODING_UTF8
LATIN1 =

Latin-1。ISO-8859-1ではなくWindows-1252(CP1252)。

RB_GRN_ENCODING_LATIN1
KOI8R =

KOI8-R

RB_GRN_ENCODING_KOI8R

Class Method Summary collapse

Class Method Details

.defaultGroonga::Encoding

デフォルトのエンコーディングを返す。

Returns:



198
199
200
201
202
# File 'ext/groonga/rb-grn-encoding.c', line 198

static VALUE
rb_grn_encoding_s_get_default (VALUE self)
{
    return GRNENCODING2RVAL(grn_get_default_encoding());
}

.default=(encoding) ⇒ Object

デフォルトのエンコーディングを設定する。

Parameters:



210
211
212
213
214
215
# File 'ext/groonga/rb-grn-encoding.c', line 210

static VALUE
rb_grn_encoding_s_set_default (VALUE self, VALUE rb_encoding)
{
    grn_set_default_encoding(RVAL2GRNENCODING(rb_encoding, NULL));
    return rb_encoding;
}